脱毛サロンでの施術に日焼けは関係あるの?

MENU

脱毛前後の日焼けに注意!

 

脱毛サロンでカウンセリングを受けた際、必ず受ける注意点の1つが、日焼けに関することですね。
日焼けというのは、脱毛の効果に大きな影響を与えます。
徹底的に紫外線ケアして、日焼けを防いでいきましょう。

 

脱毛後に日焼けすると・・・

脱毛を受けた後の肌は、とてもデリケートな状態です。
また、紫外線によるダメージというのも非常に大きいものです。

 

デリケートな状態の肌に、紫外線による多大なダメージを受けてしまうと、火照り、赤み、炎症など、様々なトラブルを起こす可能性があります。
また、紫外線のダメージはシミなどの色素沈着にも繋がります。
肌が弱っている状態の施術部位に日焼けすることで、後々まで残るシミができてしまうかもしれません。

 

脱毛前の日焼けも注意!

脱毛を受ける際の日焼けに関する注意は、施術後に限ったものではありません。
施術を受ける前にも、日焼けは厳禁なのです。

 

多くのサロンで行われるフラッシュ脱毛というものは、毛根に含まれるメラニン色素に反応してムダ毛を処理します。
日焼けによって肌が黒くなるのも、このメラニン色素によるものです。

 

つまり、日焼けした肌に含まれるメラニン色素に、フラッシュ脱毛の光が反応してしまう恐れが出てきますよね。
これは、火傷などの肌トラブルのリスクが高まってしまうのです。

 

そのため、明らかに日焼けした肌だと、脱毛を断られる可能性もあります。

 

日焼けを防ぐために

脱毛前後の日焼けを防ぐためには、日焼け止めクリームを用いる方法と、衣類などで覆う方法があります。
日焼け止めクリームを使う際には、低刺激で落としやすいものを用いましょう。
また、施術前には毛穴を塞いでしまう恐れがあるので、できるだけ日焼け止めクリームを使わないほうが良いですね。

 

その代わりに、衣類などで覆うことでしっかり紫外線対策していきます。
脚は長いパンツを履く、脇や腕は長そでを着る、顔はマスクや帽子を着用するなどの方法で、日焼けを防いでいきましょう。

関連ページ

脱毛後は、しっかり保湿しよう!
脱毛を受けた直後には、サロンで保湿ケアなどを行ってくれるため、しっとりとした仕上がりを実感しやすいですね。ですが、その後しばらく経過すると、肌がいつもより乾燥しやすくなります。高温の熱を使って毛根にダメージを与える光脱毛では、肌がとても乾燥しやすくなってしまうのです。
脱毛後の入浴は禁止!
脱毛後の肌は清潔にしておきたいから、「お風呂に入らないと!」と思ってしまいますよね。ですが、お風呂に入るのは、脱毛後の肌には良くないことなのです。寒い冬場の脱毛などでは、ちょっと辛いかもしれませんが、ここはガマンしましょう。
脱毛後は運動も控えよう!
脱毛サロンで施術を受けた直後には、激しい運動も控えなければなりません。運動を習慣にしている人にとって、これは残念なことかもしれませんが、その日1日だけでも運動は控えるように心がけましょう。
脱毛後の飲酒はダメ!
毎日の晩酌を楽しんでいる女性でも、脱毛を受けた日は、休肝日にしなければなりません。飲酒と脱毛なんて、全くの無関係に感じられますよね。ですが、実はこの飲酒も、脱毛後の肌に悪影響を及ぼす可能性があるものなのです。
脱毛後はクールダウンをしっかりと!
脱毛サロンで施術を受けた後の状態は、その人の肌の質や、体調によってそれぞれです。施術後にも特に肌に変化は無く、健やかな状態であるという人もいれば、火照りや赤みがなかなか消えないという人もいます。この火照りや赤みは、早めに対処しないと、痒みが出てきて掻きむしってしまったりとトラブルの原因になるので、しっかりクールダウンしましょう。