カミソリを使った自己処理にはどんな問題があるの?

MENU

カミソリで黒ずみが発生する可能性も

 

ムダ毛を自己処理するという方の中で、最も一般的によく用いられる方法が、カミソリによる方法ですね。
カミソリでの処理は時間もお金もかからず、気軽に行えるのが大きな魅力です。
ですが、実はカミソリでの自己処理は肌を黒ずませてしまう可能性があるのです。

 

カミソリは肌表面を傷つけている!

カミソリでの自己処理は、ムダ毛だけを剃り落としているような感覚ですよね。
ですが、実はこれは、毛を剃るのと同時に肌の表面も薄く削ぎ取ってしまっているのです。
そのため、カミソリ負けなどの症状を起こしてしまいやすいのですね。

 

カミソリにより、肌の表面の角層を削ぎ取ると、肌はその部分を守ろうとします。
その結果、皮膚が厚くなってゴワゴワになり、さらにメラニン色素が発生して黒ずみを発生してしまうのです。
せっかくムダ毛が無くなっても、肌が黒ずんでいてはキレイな仕上がりとは言えません。

 

カミソリでは毛が濃くなる!?

カミソリで処理を行うと、ムダ毛が濃くなるという噂もありますね。
これは医学的な根拠は無く、生えてきた時のムダ毛の断面が広くなるために濃くなって見えるだけだと言われています。

 

ですが、実は「絶対に濃くはならない」とは言い切れないのです。
実際に、カミソリでの処理を繰り返したことで、その部分のムダ毛が濃くなったと感じる方はけっこういます。

 

これは、傷ついた肌を守るために、その部分にムダ毛がたくさん生えてしまうことがあるからです。
ケガなどをした際、その部分にはムダ毛が濃く生えてきてしまうことがありますね。
傷ついている部分を毛で覆って守ろうという働きから、このような症状が現れることがあります。

 

その状態が、カミソリで剃った後の肌にも起こり得るのです。
そう考えると、終りが無い上にムダ毛を増やしてしまうかもしれないカミソリでの処理は、報われない方法だと言えますね。

関連ページ

毛抜きでの処理は肌への負担大!
毛抜きで1本ずつ毛を抜いていくという処理方法は、肌に負担がないのでは?と思い込んでいる方も多いものです。ですが、実は毛抜きでの自己処理は、カミソリ以上に肌への負担が大きいと言われているのです。
脱毛クリームは肌も溶かしてます!
脱毛クリームやフォームなどを塗布してしばらく時間を置き、拭き取ったり洗い流したりするとムダ毛がキレイになるというものがあります。この方法は、剃ったり抜いたりという方法よりも肌への負担が少なく感じられるかもしれません。ですが、実は脱毛クリームも肌に悪影響を及ぼす可能性が高いのです!
脱色ではムダ毛がかえって目立ってしまうことも
ムダ毛を少しでも目立たなくするために、脱色剤を使用するという方もいらっしゃいますね。黒々と生えた剛毛よりも、金髪のムダ毛の方が目立たないという考えで行われる方法です。ですが、この脱色という方法にも問題があります。
脱毛ワックスやテープでのムダ毛処理は「痛い」のが問題
ムダ毛が再生しにくい自己処理法として人気なのが、脱毛ワックスや脱毛テープといったアイテムです。これらは物理的にムダ毛をくっつけて引っ張って抜くという方法になります。そのため、毛抜きでの処理と同じように、あるいはそれ以上に肌への負担も大きくなってしまいます。
家庭用脱毛器はコツが必要!
自宅で気軽に脱毛を楽しめる家庭用脱毛器も、最近ではどんどん進化してきています。中には、エステ品質のフラッシュ脱毛が楽しめる脱毛器もあり、大人気となっていますね。ですが、そんな家庭用脱毛器にも問題がないとは言えません。