自己処理で「毛が濃くなる」理由と防ぐ方法

よく、都市伝説のように言われてきた自己処理によるデメリットに、「毛が濃くなる」というものがありますね。カミソリで剃るような処理をすると、かえってムダ毛が濃くなってしまうという説です。では、これは本当に起こることなのでしょうか?

 

毛の断面が太くなるから!

まず、一説によると「カミソリで剃ると毛が濃くなる」というのは、剃った毛の断面が太くなるため、一時的にそのように見えるだけ、ということが言われています。

 

剃ったからと言って、毛が増えたり太くなるということは、医学的には証明されておらず、これは単なる噂であるという説が濃厚です。ですが、実際に濃くなっていなかったとしても、毛の断面が太くなることで「濃く見える」なら、同じことですよね。

 

また、毛の断面が太くなると、見た目に毛が濃くなるだけではありません。触った感じもチクチクしてしまい、剃ってすぐでも、男性の髭剃り後のような状態になることもあります。
カミソリによるムダ毛処理は、このようにデメリットも大きいですね。

実際に毛が濃くなる可能性はゼロじゃない!

毛が濃くなるのはただの噂、という説は有力ですが、実際に生えてくる毛が太くなったり、自己処理を続けた部分だけ毛が濃くなった、という体験をした方も大勢います。このことから、カミソリなどで剃ると毛が濃くなる、という噂は必ずしも、嘘であるとは言い切れないですね。ではどうして、毛が濃くなってしまうのでしょうか?

 

これにははっきりとした原因は分かりませんが、恐らく、自己処理によりお肌を傷つけることが大きな原因であると考えられます。人は傷ついた部分を守ろうとする本能が働き、体が機能します。

 

そのため、怪我をした部分だけ太い毛が生えてきた、なんて経験をしたことがある方も多いでしょう。これと同じで、カミソリなどで肌を傷つけ続けた結果、その部分を守ろうと、濃い毛が生えてきてしまうリスクはあるのです。

毛を濃くしないためには?

では、毛を濃くしないためにはどうすれば良いのでしょうか?
これに関しては、やはり肌を傷つけるような自己処理をできるだけ避けることが重要ですね。最も理想的なのは、確実に毛を薄くしていくことができる脱毛サロンでの、プロの手による脱毛を受けることでしょう。

 

それから、家庭でできるケアとしては、自己処理後のお肌に豆乳ローションを使用して保湿ケア、といった方法も有効ですね。豆乳ローションには毛の発生を抑制する効果が期待できますので、これを使用することで毛が濃くなるのを防ぎ、コンプレックスも徐々に改善できる可能性があります。しかも保湿により、肌ダメージを軽減できるので、毛が濃くなるリスクを軽減できるのです。

関連ページ

埋没毛ができる原因と予防方法
ムダ毛の自己処理で起こるトラブルの中でも、特に多くの女性が悩まされるのが、この埋没毛です。埋没毛というのはつまり、毛が皮膚に埋没した状態のことを指します。毛が見えているのに、表面に皮膚があって直接触れることができない、という状態ですね。
黒ずみの原因と防ぐ方法
自己処理を長年続けていくと、多くの方が経験するのが黒ずみです。せっかくムダ毛を処理しても、お肌自体が黒ずんでしまっていると、それだけで台無しですね!
炎症ができる原因と対処法
ムダ毛の自己処理をしていると、お肌に大変な炎症を起こしてしまうことがあります。ただ「毛」に対して処理をしていただけなのに、どうしてお肌がダメージを受けてしまうのか、と嘆いている方も多いでしょう。では、こういった炎症はどうして起こるのでしょうか?