埋没毛ができる原因と予防方法

ムダ毛の自己処理で起こるトラブルの中でも、特に多くの女性が悩まされるのが、この埋没毛です。埋没毛というのはつまり、毛が皮膚に埋没した状態のことを指します。毛が見えているのに、表面に皮膚があって直接触れることができない、という状態ですね。

 

埋没毛ができる原因

埋没毛ができてしまうのは、毛抜きなどによる処理をした場合が多いですね。これは、毛抜きで毛を無理矢理引っ張って抜いてしまうことで、毛根部分や毛穴を傷つけることになるからです。そうして傷ついた毛穴にカサブタができ、そこから新たな毛が生えてきても、このカサブタに出口が塞がれてしまうことがあります。

 

あるいは、抜いた状態の毛穴の皮膚が癒着してしまい、出口をフタしてしまうということもあります。こうなると、新たに毛が生えてきても、この毛穴を塞ぐカサブタや癒着した皮膚を突き破ることができません。そうして、皮膚の中で成長するというおぞましいことが起こるわけです。

埋没毛ができてしまったら・・・

そんな埋没毛ができてしまったら、「無理矢理にほじくり出す」ということはしてはいけません。無理に皮膚を剥がしてほじくり出すようなケアは、皮膚を傷つけ、傷跡を残したり、そこから雑菌が侵入して大変な炎症に発展する恐れがあります。お肌のターンオーバーにより自然に表面に出てくるのを待つか、あるいは炎症などの症状がある場合には、皮膚科を訪れて解消してもらうのが安心ですね。

 

そんな埋没毛を、より気軽に、より徹底的に解消できる方法として知られているのが、脱毛サロンの利用です。脱毛サロンでは光を用いた安全性の高い脱毛により、ムダ毛をケアする効果が期待できます。

 

皮膚の下にある埋没毛そのものに対しては効果は得られにくいものの、繰り返し施術していくことでお肌のターンオーバーや毛周期が整い、埋没毛が改善されてくる可能性が高いと言えます。炎症を起こしていない埋没毛なら、脱毛サロンに相談してみると良いでしょう。

埋没毛を予防する方法

埋没毛を予防するのに、最も重要なのは、肌に負担のかかる自己処理をやめることです。特に毛抜きでの処理は、負担が最も大きく、トラブルの原因になりやすいと言われています。そんな危険な処理法はやめて、脱毛サロンなどでプロの手による脱毛に任せてしまいましょう!

 

脱毛テープ、脱毛ワックスなどを用いた処理法は、毛抜きで1本ずつ抜くよりは安全、とも言われていますが、それでも埋没毛ができる可能性はゼロではありません。生えている毛を無理矢理引っ張って抜くわけですから、お肌や毛穴が傷つくのは当然です。

 

「無理矢理抜く」という荒業をやめ、せめて自己処理の際には、カミソリや電気シェーバーを用いた優しい処理を行い、処理後にはしっかり保湿ケアして肌ダメージを軽減することも大切ですね。

関連ページ

黒ずみの原因と防ぐ方法
自己処理を長年続けていくと、多くの方が経験するのが黒ずみです。せっかくムダ毛を処理しても、お肌自体が黒ずんでしまっていると、それだけで台無しですね!
炎症ができる原因と対処法
ムダ毛の自己処理をしていると、お肌に大変な炎症を起こしてしまうことがあります。ただ「毛」に対して処理をしていただけなのに、どうしてお肌がダメージを受けてしまうのか、と嘆いている方も多いでしょう。では、こういった炎症はどうして起こるのでしょうか?
自己処理で「毛が濃くなる」理由と防ぐ方法
よく、都市伝説のように言われてきた自己処理によるデメリットに、「毛が濃くなる」というものがありますね。カミソリで剃るような処理をすると、かえってムダ毛が濃くなってしまうという説です。では、これは本当に起こることなのでしょうか?