未成年の脱毛のルールはサロンによって異なる

未成年が脱毛を受ける、というのはなんとなく抵抗を感じる方がいるかもしれません。
特に小中学生に関しては、脱毛は肌に悪そうだし不安、とも思えてしまいますよね。
では、そんな未成年が脱毛を受けることに関しては、どんな決まりがあるのでしょうか?

 

法律上は年齢制限が無い!

実は未成年が受ける脱毛には、法律的に「何歳以上でなければならない」という決まりは無いのです。
つまり、何歳であっても受けることは可能です。

 

ただし、法律ではOKであっても、サロンごとに年齢制限が設けられているので、断られる可能性が高いということも認識しておかなければなりません。
サロンによって、16歳以上、18歳以上などの年齢制限が設けられており、特に生理が来ているかどうかを重視するところも多くあります。

 

脱毛にはホルモンバランスも大きく関係しており、それが安定していない可能性のある生理が来る前の未成年に対しては、施術を行わないサロンもあるのです。

 

未成年の契約には同意書や同席が必要!

年齢制限を低く設定している、未成年の脱毛を推奨しているようなサロンであっても、必ず行わなければならないことがあります。
それが、契約時の親権者の同意書や同席です。
同席に関しては、決まりはサロンごとに違いますが、同意書は絶対に必要となります。

 

これは法律上で、未成年の契約時には親権者の同意が必要ということが定められているためです。
つまり、同意書が不要なサロンがあるとすれば、それは法律に違反する信頼できないサロンであるということなのです。

 

同席に関しては、初回のカウンセリングのみ同席が必要なサロンや、施術ごとに同席しなければならないサロンなどがあります。
この方針はそれぞれなので、事前に確認しておきましょう。

関連ページ

未成年の脱毛にあるリスクを把握しておこう
未成年が受ける脱毛には、なんとなくリスクが高いという印象がありますね。 では、未成年が受ける脱毛によって起こる可能性が高いトラブルには、どのようなものがあるのでしょうか?
未成年の脱毛は増える傾向にある
脱毛サロンはどんどん低料金化し、それに伴い、受ける人の年齢層も変わってきています。 学生でも気軽に脱毛が受けられる時代となったことから、美容院感覚で脱毛を楽しむ未成年も増えてきました。
未成年の脱毛にはメリットがある!
未成年が脱毛を受けることには、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?脱毛サロンでの施術は、一見肌への悪影響が大きいものに思えてしまいます。そのため、リスクやデメリットばかり考えてしまいがちですが、実はそうではないのです。
未成年の脱毛は定番のワキや腕・足が人気!
どんどん増えてきている未成年者の脱毛。では、そんな未成年者の脱毛で、特に人気の部位はどこなのでしょうか?