全身脱毛って痛くないの?

全身脱毛って痛くないの?

全身脱毛を受ける際に気になるポイントの1つは、痛みですよね。全身痛かったら、ストレスが強すぎて受けていられません。

 

最近の脱毛マシンはすごく高性能になってきています。そのため、痛みにも配慮されているものが多く、特に最新のマシンを導入している大手の脱毛サロンで全身脱毛を受ければ、痛みも少なく済みます。

 

ただし、痛みの感じ方は人それぞれ。なので「絶対に痛くない」と言い切ることはできません。

 

特にVIOラインや顔などのデリケートな部位は痛みにも敏感な部位なので、全身脱毛契約前にお試しができるサロンなら、まずは試してみると良いですね。

 

肌状態によっても痛みは変わります。乾燥や日焼けには注意しましょう。

 

全身脱毛の痛みを軽減するためのコツ

全身脱毛は、どうしても痛みを強く感じやすい部位があるため、これがストレスになってしまうという方もいらっしゃるでしょう。痛みに配慮しているサロンを選ぶことはもちろん大切ですが、自分なりに痛みを和らげるコツを知っておくことも重要です。

 

お肌をしっかり保湿ケア

お肌には潤いが必要不可欠です。潤いが不足し、乾燥した状態になるとバリア機能が低下します。すると、お肌がとてもデリケートな状態になってしまうのです。

 

そこで、まずはしっかりと全身のお肌を潤いで満たしておきましょう。全身脱毛を受けている時のスキンケアは、効果を高めたり、トラブルを防ぐだけでなく、痛みを軽減するためにも重要なポイントになるのです。

  • 低刺激なローションで全身を保湿
  • カサつきがひどい所はクリーム等を重ね塗り
  • 顔も低刺激なローションのクリームでしっかりケア

これらのポイントに気を付けて、刺激に強い健やかなお肌に整えておきましょう。

 

刺激を与えないこと

お肌がデリケートな状態になっていると、当然、痛みを強く感じてしまうことになります。全身脱毛を受けている期間の間は、極力、お肌に刺激を与えないように気を付けなければなりません。

 

特に以下のような行動は控えてください。

  • ティッシュで鼻をかみすぎる・・・鼻下が敏感になります。
  • デリケートゾーンをゴシゴシ洗う・・・VIO脱毛の痛みが強くなります。
  • 全身のお肌をナイロンタオルで洗う・・・全身がデリケートな状態になってしまいます。
  • 切れ味の悪いカミソリで事前処理をする・・・カミソリ負けを起こしてしまいます。

 

ついやってしまいがちな行動ばかりですが、できるだけ刺激を与えないよう注意し、もしお肌が荒れている部分があれば、施術時までに徹底的にケアして治しておきましょう。

 

体調を整える!

脱毛時の痛みを軽減するために、意外と重要なのが「体調を整える」ということです。実は体調が悪い時には、お肌もデリケートになっており、特に痛みを強く感じてしまうのです。

 

風邪などでなんとなく体調が悪かったり、極端に疲れている時の脱毛は避けた方が無難でしょう。また、生理中にも痛みを強く感じやすくなるので気を付けましょう。

 

脱毛を受ける前には、生活習慣を整え、お肌の状態だけでなく、体調も万全の状態で臨むことが大切ですね!

関連ページ

全身脱毛はどのくらい時間がかかる?
忙しい方の場合、全身脱毛を受けるのに時間がかかり過ぎるのは困りますよね。全身脱毛というと、身体の様々な部位に施術していく脱毛ですから、ワキや足など単品で受ける脱毛よりも時間がかかるのは仕方ありません
脱毛って肌トラブルは起こらないの?
脱毛サロンで受ける脱毛に、肌トラブルのリスクはゼロではありません。ですが、自己処理よりも肌に優しい方法であると言われています。起こりうるトラブルの内容としては、火傷が代表的ですね。
生理中でも全身脱毛は受けられる?
全身脱毛を受ける際には、できる限り体調を整えておきたいですね。生理中には体調が不安定になったりしがちなので、できれば予約の日は、生理の予定日を避けたほうが良いでしょう。
全身脱毛って本当にツルツルになるの?
脱毛サロンで受けられる全身脱毛は、完全なる「永久脱毛」というわけではありません。 「永久性の高い脱毛」であると考えましょう。
S.S.C脱毛とIPL脱毛の違いって?
TBCや銀座カラーなどの脱毛サロンが実施しているのは、IPL脱毛。これに対して、ミュゼや脱毛ラボが実施しているのはS.S.C脱毛です。これらはどちらもフラッシュ脱毛ですが、脱毛の原理が違います。
全身脱毛を受けるサロン選びのポイントは?
最も多くの部位に施術を行う全身脱毛では、サロン選びもより慎重になりたいところですよね。全身脱毛で受けられる部位が何カ所か、などという点もチェックしながら、よりお得な料金で受けられるところをセレクトしたいですね。