アレルギーがある方は利用できない場合も

アレルギー体質の方に関しては、絶対に脱毛が不可になるわけではありません。ですが、アレルギーは原因も程度も人によって様々なので、「アレルギー持ちでも絶対に安全!」とは言い切れないのが、脱毛サロンの現状です。そのため、特にアレルギーを多く持つような体質の方は要注意となります。

脱毛不可となるアレルギー

脱毛サロンでの施術が不可となるアレルギーとしては、以下のようなものが挙げられます。

光アレルギー

光にアレルギーを起こすタイプの方は、フラッシュ脱毛は受けられません。もし受けたいのであれば、光を用いないニードル脱毛などの方法になります。

金属アレルギー

施術時にマシンのヘッドが金属製であると、これによるアレルギーが発症するリスクがあります。ジェルを使用して直接肌にヘッドが触れないサロンを選ぶと良いでしょう。

 

このように、アレルギーは対策次第では脱毛可能になる場合もありますので、脱毛サロンのスタッフとよく相談することが重要です。1件で断られたとしても、アレルギー体質でも施術可能なサロンを見つけられる可能性はゼロではありませんので、数件回って、諦めずに相談してみましょう。

思わぬアレルギーが発症する場合も!

脱毛サロンでは基本的にはアレルギー体質でも受けやすい施術内容となっています。ですが、アレルギーのことを特に考えずに契約し、受けた施術で思わぬ症状が出てしまうこともあるので、注意が必要です。これは、多くの場合、施術時に使用するジェルや、アフターケアなどで使用する化粧品に対するアレルギーですね。

 

こういった化粧品類は、サロンにより使用するものが違います。そのため、もし万が一、施術を受け始めて思わぬトラブルが起こった場合でも、サロンを変えれば問題なく続けられる可能性もありますので安心してください。

 

また、こういったアレルギー症状は1度目ではなく、2度目に発症することもあるので、1度受けて問題無かったからと言って安心しきるのも良くありません。2度以上受けて、お肌の状態が悪化していないかなど、注意しておきましょう。

花粉症などのアレルギーでも注意!

花粉症などのアレルギーがある場合は、皮膚には大きくは関係していませんので、基本的に脱毛NGと判断されることはありません。そのため軽視してしまいがちですが、実はこの花粉症などによる鼻炎等の症状も、脱毛時には注意が必要です。

 

こういったアレルギーがある場合、その時期には皮膚が非常にデリケートになり、肌トラブルが起こりやすい状態になってしまうケースがあります。さらに、鼻水を拭き取る際にこすり過ぎて、顔の皮膚状態が悪くなり、顔脱毛が受けられない事態になるということもありますね。

 

そのため、花粉症などの一見、脱毛とは関係無さそうなアレルギーであっても、きちんと治療を受けるなど、何か対策しておいた方が安心であると言えるでしょう。

関連ページ

妊娠中・授乳中は脱毛サロンの利用はNG
脱毛サロンでは、基本的に妊娠中の方の施術は、どこのサロンでも断られてしまいます。授乳中に関しては、サロンごとに異なりますので、事前に確認が必要です。これらの方が施術不可となっているのは、安全面に徹底した配慮をしているからなのです。
持病をお持ちの方は利用できない場合も
脱毛サロンで受ける脱毛は、お肌や身体が健康な方が対象となっています。そのため、持病がある方の場合には、断られてしまう可能性が高いので注意が必要です。持病を隠して契約すると、思わぬトラブルが起こる可能性もあるので、無料カウンセリング時に正直に相談してみてください。
薬の服用・予防接種は要注意!
様々な目的で、薬を服用している方も多いですよね。ですが、この薬も脱毛がNGになる理由となってしまうことがあります。それから、一見無関係に思える予防接種も注意しなければならないものの1つです。