妊娠中・授乳中も脱毛サロンは利用できる?

MENU

妊娠中・授乳中は脱毛サロンの利用はNG

脱毛サロンでは、基本的に妊娠中の方の施術は、どこのサロンでも断られてしまいます。授乳中に関しては、サロンごとに異なりますので、事前に確認が必要です。これらの方が施術不可となっているのは、安全面に徹底した配慮をしているからなのです。

 

妊娠中の脱毛がNGな理由

なぜ妊娠中に脱毛がダメなのか、という理由はいくつかあります。

  • つわりなど体調が安定しない状態では負担が大きいから
  • ジェルなどにより体が冷える恐れがあるから
  • 痛みがあった場合にお腹に力が入り、もしものことがあったら脱毛サロンでは責任が取れないから
  • ホルモンバランスが急激に変化しているので、脱毛しても効果がほぼ無いから

脱毛サロンで受けるフラッシュ脱毛は、妊婦さんが受けても、母体や胎児に直接の危険があるものではありません。ですが、普段よりもデリケートな状態になっており、しかも効果もほぼ得られない、という理由から断られてしまうのですね。

授乳中の脱毛がNGな理由

授乳中の脱毛に関しては、サロンごとに対応が違ってきますが、これもまた、NGとしているところが多いですね。特に胸、乳輪周り、脇などは授乳時期には避けることとなっているサロンもあります。

 

授乳中の脱毛に関しても、やはりホルモンバランスが不安定であるため、なかなか効果が実感できないというところが、NGとなる大きな理由ですね。さらに授乳中には、赤ちゃんのお世話も大変なので、なかなか脱毛サロンに通う時間を作れない、という点を考慮しても、やはりこの時期は避けるべきであると言えるでしょう。

産後の脱毛はいつから?

では、産後はいつから脱毛が楽しめるのか、というのが気になるところですね。これは、「ホルモンバランスが安定してから」ということになります。そして、このホルモンバランスの安定を示す1つの基準になるのが、生理です。妊娠中や積極的に母乳を与えている時期には生理が止まっているという方が大半でしょう。

 

産後、授乳が落ち着き、安定した周期で生理が訪れるようになれば、ホルモンバランスが安定した証拠です。目安としては、授乳が完了する1年くらいですね。赤ちゃんが1歳を迎えた頃に脱毛を開始、あるいは中断していた脱毛を再開するという方法がベストでしょう。

 

サロンによっては、契約途中でも妊娠すれば、いったんお休みとして、産後に再開させてくれるところもありますので、妊娠が発覚したら相談してみましょう。

関連ページ

持病をお持ちの方は利用できない場合も
脱毛サロンで受ける脱毛は、お肌や身体が健康な方が対象となっています。そのため、持病がある方の場合には、断られてしまう可能性が高いので注意が必要です。持病を隠して契約すると、思わぬトラブルが起こる可能性もあるので、無料カウンセリング時に正直に相談してみてください。
薬の服用・予防接種は要注意!
様々な目的で、薬を服用している方も多いですよね。ですが、この薬も脱毛がNGになる理由となってしまうことがあります。それから、一見無関係に思える予防接種も注意しなければならないものの1つです。
アレルギーがある方は利用できない場合も
アレルギー体質の方に関しては、絶対に脱毛が不可になるわけではありません。ですが、アレルギーは原因も程度も人によって様々なので、特にアレルギーを多く持つような体質の方は要注意となります。