脱毛サロンでアレルギーが起こることはあるの?

MENU

起こるアレルギーの種類と予防・対処方法

 

安全性が高いことで知られている脱毛サロンでの脱毛。
ですが、中にはアレルギー症状を起こしてしまう人もいます。
アレルギーというのは原因不明のものなので、何が引き金となり、どんなタイミングで起こるか分かりません。
脱毛時にもよく注意しておきましょう。

 

金属アレルギーについて

脱毛サロンで受ける施術では、金属のヘッドを持つマシンによってフラッシュ脱毛を行うサロンが多いですね。
このフラッシュ脱毛の際、ほとんどのサロンでは施術時にジェルを塗布して、その上から光を照射していきます。
つまりジェルを通して金属が触れるだけなので、肌に直接触れる危険性が少なく、金属アレルギーでも安心して受けられるという内容になっています。

 

ですが中には、ジェル不要のサロンなどもあります。
少しでも金属アレルギーの不安がある方は、こういったサロンは避け、ジェルを使用して施術が受けられるところを選びましょう。
カウンセリング時にも金属アレルギーであることをスタッフによく相談しておきましょう。

 

日光アレルギーについて

太陽の光、つまり紫外線を浴びることにより、何らかの症状を発症してしまう日光アレルギーの方もいらっしゃいますよね。
基本的に、脱毛サロンで用いられる光は紫外線ではないので、軽度のアレルギーなら問題なく受けることができます。
ですが重度の場合には、脱毛は避けた方が良いでしょう。

 

また、サロンによっては日光アレルギーの場合には施術不可となっている場合もあります。
事前に問い合わせておきましょう。

 

化粧品でのアレルギーも!

脱毛サロンでは施術時に消毒を行い、ジェルを塗布し、化粧品で肌を整えるといった作業が行われます。
これらの化粧品やジェルなどに、何らかのアレルギーを起こしてしまう方もゼロではありません。
施術を受けてみて肌に違和感を感じたら、アレルギーを起こしている場合もあると考えましょう。

 

蕁麻疹などが出てきた場合には、すぐにスタッフに相談したり、医療機関を受診するようにしてください。

関連ページ

火傷が起こる原因と対処法
脱毛サロンでは、肌トラブルを起こしてしまう可能性がゼロではありません。特に考えられる肌トラブルで迅速な対処が必要となるのが、火傷です。
肌に炎症が起こったら?~症状と対処法~
火傷やアレルギーというほどの症状ではないものの、ちょっとした肌トラブルとして、肌に何かしらの炎症の症状が現れることもあります。これに関しても、美肌になるためにしっかり対処していきたいトラブルの1つですね。
予約の面でのトラブルを避けるために
大手の脱毛サロンは、基本的には予約面に関しても、顧客とトラブルにならないように配慮が行われています。ですが、中には予約が取りにくいために、トラブルとなってしまうこともあるのです。こういったトラブルは防ぎたいですね。
倒産のリスクも!~サロン選びのポイントと対処法~
脱毛サロンは、1回受けただけでキレイになれるところではありません。通い続ける期間の中では色々なことが変化し、時には脱毛サロンの経営状態が怪しくなり、契約時に支払った料金が返ってこない!ということにもなりかねません。
契約のトラブルを避ける方法と起きた場合の対処法
脱毛サロンでは、脱毛部位、回数、期間などを設定した様々なプランが設けられています。ですが、これらは内容をよく確認したうえで契約しないと、思わぬトラブルに発展したり、不快な思いをする可能性もあるので注意が必要です。